記念写真フォトグラファー酒井大輔のコトバ【年間200件以上の撮影件数】

【年間200件以上の撮影件数、ご予約は早い人優先です】私のページに辿りついて頂いたご縁に感謝致します。 ブログを読んで頂き、皆様の思い出の撮影を私に任せて良い、という方がいらっしゃればコメントを頂ければ嬉しいです。 ◼︎ウェディングフォトアワード2018金賞 ◼︎近畿プロフォトコンテスト2018ロケーションフォト部門 グランプリ■兵庫県プロフォトコンテスト2019 3部門入選

想いの詰まったウェディングフォト @丹波悠遊の森

おはようございます。
昨日は1組のお宮参りの撮影データをご納品して、その後は確定申告の準備をせっせとしていました。
今週、税理士さんとの擦り合わせがあるので、苦手な作業ですが、時間を費やしました。

そんな今日は、お宮参りの撮影を行い、その後は以前通っていた篠山イノベーターズスクールで「コピーライティングとデザイン」の講座を受講し学んできます。
久しぶりのインプットの時間、楽しみです。

では、本題にいきます。

想いの詰まったウェディングフォト
@丹波悠遊の森

撮影カテゴリー:ウェディングフォト
撮影場所:丹波悠遊の森
兵庫県丹波市柏原町大新屋1153−2

画像を拡大表示

今日はウェディングフォトのご紹介です。
昨年から丹波地域のウェディングフォト事業を盛り上げるため、
Tsumugu weddingさんとチームを組ませていただき、ウェディングフォトや挙式・披露宴のプロデュースを積極的にさせて頂いております。

この地域の実情をいうと、式場自体が無いので、結婚式をお考えの方でも大阪や神戸など、阪神間の式場で結婚式をされるというのが流れでした。

そこでお客様自身が育ったこの町でご家族に見守られながら少しでも記念日を迎えられる場所を提供したいという想いからTsumugu weddingさんが誕生しました。
ホームページはこちらです。
『式場を持たないウェディング』

そして、昨年はTsumugu weddingさんとコラボで数組のお客様の結婚式或いは、ウェディングフォトを撮影するご縁を頂きました。

画像を拡大表示

その今回ご紹介する場所は兵庫県丹波市にある「丹波悠遊の森」です。

名前の通り森の中にあります(笑)
テントを張ってキャンプも出来たり、コテージもあり宿泊もできます。

そんな場所でのウェディングフォトです。
私自身この場所での撮影ははじめてでしたが、森もあり、近くには池もあり、本当に自然がたくさんある場所で、ずっと撮影していたい気分になりました。

画像を拡大表示
画像を拡大表示

この度、撮影させて頂いたお客様は関東方面にお住いのご家族です。
ドレスなどの数回の打合せも関東方面からお越し頂いたりして、お会いするたびにお子様が大きくなられているのが分かり、少しながらご家族のストーリーを共有させて頂いている気分でいました。

そんなご家族のウェディングフォト。
昨年の8月中旬の事ですが、今でも凄く記憶に残っています。

画像を拡大表示
画像を拡大表示
画像を拡大表示
画像を拡大表示

久しぶりに見返してもとっても素敵です。
またこの場所で撮影したいですね!

このコロナ禍で人が少ない場所で自分たちだけでウェディングフォトをするという方も増えています。
都会のオシャレな空間での撮影、海沿いでの撮影も良いですが、空気が美味しい森の中での撮影。
それがいつの日が想いが詰まった場所になる。

そんなカタチを今年もご提案できればと思っています。

画像を拡大表示

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

--------------------------------------------------------------------------------------

【フォトグラファー事業】
記念写真撮影や遺影写真撮影の問い合わせやご不明な点があれば、何なりとお問い合わせ下さいませ。

【輝き写真 活動】
丹波篠山市の60歳以上の方を対象に無料撮影を行う。
『過去だけではなく、残りの人生も輝かせる写真』
「その人らしい場所で姿でポーズで」がコンセプト

【人生物語ムービー】
輝き写真を続けていく上で、たくさんの方とお話をしてきました。
その中でその方の話をカタチに残したい。後世までそのお話を残したいと思う様になり、制作したのが人生物語ムービーです。

【縁草社(草刈り事業)】
長年、農業に営んできた父と何か世間のお役に立てないかと考え、はじめた草刈り事業。それがまず、草刈り親子となりました。
そして、2021年新たなメンバーも入り、『縁草社』でサービスを開始しています。